会社案内

About Us

ニュースリリース

News release

障がい者アート支援に向け全国アートコンテストを開催

「願いのくるま」運営のタウ
障がい者アート支援に向け全国アートコンテストを開催
テーマは「『願いのくるま』で行きたい場所」

 一般社団法人願いのくるま(所在地:埼玉県さいたま市、代表理事:原田眞)を運営する株式会社タウ(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:宮本明岳)は、2月1日より、障がい者アート支援の一環として「願いのくるまアートコンテスト」を初開催いたします。

◆企画概要
 願いのくるまは、ターミナルケアを受けている方を「その方が望む場所」へと無料でお連れするボランティア団体です。当団体はこれまで、ターミナルケアを受けている方だけではなく、障がい者支援にも積極的に取り組んでまいりました。そしてこの度、願いのくるまを運営する株式会社タウの主催により、障がいを持たれている方を対象に、全国アートコンテストを初開催することとなりました。
 募集テーマは「『願いのくるま』で行きたい場所」です。

◆応募資格 :障がい者手帳をお持ちの方
◆募集内容 :「願いのくるま」で行きたい場所
       「願いのくるまアートコンテスト」告知チラシ
       (「願いのくるま」HP:https://www.negai.org/
◆募集期間 :2019年2月1日(金)~2019年2月28日(木)
◆選考内容 :審査員:株式会社タウ 役職員
       選考期間:2019年3月
       結果発表:2019年4月上旬頃発表予定
◆賞金   :最優秀賞・・・1名 6万円
       優秀賞 ・・・1名 3万円
       特別賞 ・・・描いた「行きたい場所」に願いのくるまでお連れします!
       支店賞 ・・・23名 クオカード3,000円分
       ・受賞作品は、全国のタウの支店での展示や、ノベルティデザインなどに使用される予定です。
       ・支店賞に選出された方は、株式会社タウの各支店での表彰式へご招待いたします。

◆企画の目的
 このようなアートコンテスト開催により、多くの障がい者の方が抱える「社会参加への周囲の理解の少なさ」や「金銭的困窮」といった課題解決の一端を担えればと考えています。
 株式会社タウは、今後も障がい者アート支援団体「パラリンアート」のプラチナパートナーとして「障がい者がアートで夢を叶える世界を作る」の実現を支援してまいります。

◆「願いのくるま」について
 ターミナルケア(終末期の医療・看護)を受けている方を、医療設備を備えた車で「その方が望む場所」へと無料でお連れするボランティア団体です。サービス提供エリアは関東地方(1都6県)で、車で日帰りができる範囲としています。
 QOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上への貢献を目指し、株式会社タウからの支援を受け運営しています。

◆株式会社タウについて
 日本では年間約300万台もの廃棄車両が発生しています。当社は、このような産業廃棄物となり得る事故車を国内で買い取り、独自に構築したインターネットシステムを通じて、ニーズのある国々へ、再利用の価値ある資源として商品を提供しています。
 当社は「Globaloop Company」という企業スローガンを掲げ、価値があるのに不要とされるモノを必要な人へとつなげモノの命を循環させる、「循環型社会」の実現を目指しています。

会社名  :株式会社タウ
本社所在地:埼玉県さいたま市中央区新都心11-2
代表取締役:宮本 明岳
設立   :1997年6月
売上高  :269億円(2018年9月期)
社員数  :474名(2018年9月末)
URL  :http://tau.co.jp

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社タウ 広報課 担当:臺(ダイ)・岩永
TEL :048-601-0820
FAX :048-601-0850
Mail:pr@tau.co.jp